西国三十三所デジタル版画 先行販売開始

弊社の単行本「西国巡礼ー三十三所の歴史と現代の意義」の作者である五叟鐵太郎氏の絵画作品をデジタル版画(ジークレー)として、4月1日から先行販売します。

今回販売が決定したのは、単行本「西国巡礼ー三十三所の歴史と現代の意義」に使われた33作品です。かつてより、本シリーズの作品をジークレー(デジタル版画)として購入したいとの声が多くあり、それに応えて弊社から販売することになりました。

ジークレー(GICLEE)とは、絵画作品の画像を高性能スキャナーでデジタル化し、数万色を使って再現する現代の複製技術です。原画に近い質感をもち、色彩も通常保管の場合、70~80年変わらないとされています。西国三十三所シリーズのジークレーは、厳密な色調整とともに、フランス製の最高級画紙(キャンソン社 インフィ二ティ アクアレルラグ310g/㎡)を使って製作されています。

なお、本シリーズは限定各100点で、各ジークレーにはシリアルナンバーを刻印したホログラムラベルを貼付し、また作品証明書にも同様のシリアルナンバー入りホログラムラベルが貼付されます。

価格は各25,000円(特製額付き/税・送料別)

 *額装が不用の場合は、定価18,000円(税・送料別)で承ります。

画面サイズ=横253ミリ×縦370ミリ。額装サイズは横445ミリ×縦565ミリで周囲は木製の枠(色はブラック)。版面に高透明のアクリル板を使用。

作品は美しい発色とともに、最高級画紙ならではの風合いをもちます。

作品と同一のシリアルナンバー入り作品証明書を添付

各ジークレーには五叟氏の落款と、シリアルナンバーを刻印したホログラムラベルを貼付しています。

ご購入、お問合せは弊社まで。