西国巡礼――三十三所の歴史と現代の意義

西国三十三所札所会監修 文・絵 五叟鐵太郎

四六判並製本 本文368ページ(地図・イラストはオールカラー)

本体価格 2,500円(税別) 送料サービス

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

西国三十三所 草創1300年! 日本人の巡礼の原点とその思想・哲学を現代に活かす

西国三十三所巡礼は、日本人の巡礼の原型であり、納経や御詠歌、巡礼装束などいくつもの文化や習俗を生み出してきました。本書では、三十三所寺院の紹介はもちろん、観音巡礼の黎明期(飛鳥時代)からの歴史を現代まで追いつつ、各時代の巡礼思想や哲学、また巡礼が流行した経済的な背景などを俯瞰。さらに現代に活かす巡礼の意義や価値までも考えていきます。ガイドブックとしても、読み物としても西国巡礼を、興味深くかつ深く知ることができる一冊です。

〈西国巡礼とは〉近畿地方の代表的な観音霊場を巡る「西国巡礼」は平成30年(2018)に草創1300年を迎えます。伝説では、奈良時代に長谷寺を開基した徳道上人が、人々が地獄に堕ちることのないよう閻魔大王との約束で「33の観音霊場巡り」を広めようとしたのが始まりとされています。しかし、当時の人々は観音巡礼の功徳を信じなかったため、徳道上人はその布教をやむなく中断。270年後の平安時代前期に、花山法皇によって再興され、今日に至ったと伝わっています。一方、史実としては平安時代後期に、園城寺(三井寺)の高僧(行尊、覚忠)が33の観音霊場を巡ったのが始まりとされ、当初は僧侶の修行の一環であったものが、室町時代中期頃から庶民の巡礼者も目立ちはじめ、江戸時代には物見遊山を兼ねながらの観音巡礼が庶民に大流行します。そして現在においても、33の観音霊場の全てがその法灯を守り続け、現代人に巡礼の醍醐味と意義を伝え続けているのです。

〈本書の特徴〉西国三十三所の各寺院の寺歴や寺宝などの特徴を紹介/観音巡礼の歴史を飛鳥時代からひもとき、現代に至るまでの巡礼思想や経済的な背景までをも俯瞰する/ガイドブックとしても利用できるコンパクト(四六判)な体裁で、西国三十三所全体地図、各寺院の境内図、各寺院までの主な交通手段や駐車場情報、徒歩巡礼における寺院間の距離など、巡礼の必要情報を充実/各寺院の風景をカラーイラストで紹介。

〈本書の構成〉いまこそ慈悲の心を・序にかえて 西国三十三所札所会 会長 鷲尾遍隆/序章 世界の代表的な巡礼と西国巡礼――巡礼の定義・類型と21世紀の動向/第1章 紀州から和泉、河内を経て大和へ――7世紀から9世紀の三十三所巡礼の黎明期を探るー青岸渡寺・金剛宝寺(紀三井寺)・粉河寺・施福寺・葛井寺・南法華寺(壷阪寺)・岡寺・長谷寺・南円堂(興福寺)/第2章 宇治から洛中、洛外へ――10世紀から13世紀の観音霊場形成期を探るー三室戸寺・上醍醐准胝堂(醍醐寺)・正法寺(岩間寺)・石山寺・三井寺(園城寺)・今熊野観音寺・清水寺・六波羅蜜寺・六角堂頂法寺・革堂行願寺・善峯寺/第3章 丹波から摂津、播州を経て丹後、若狭、近江、美濃へ――14世紀からの庶民化と現代の意義を探るー穴太寺・総持寺・勝尾寺・中山寺・播州清水寺・一乗寺・圓教寺・成相寺・松尾寺・宝厳寺(竹生島)・長命寺・観音正寺・華厳寺/終章 現代における西国巡礼の意義と価値――三十三所の歴史をさらに鳥瞰し、今後を探る/番外 西国三十三所の創始と再興の物語――徳道上人と花山法皇の伝説を探るー法起院・元慶寺・花山院菩提寺〈西国三十三所地図や各札所の境内図付き。各寺院のワンショットをイラストで描写〉

五叟鐵太郎 ごそう・てつたろう文筆家・イラストレーター 文筆活動=月刊誌で連載記事などを執筆。経済・工業分野をはじめ寺院めぐりなど幅広く取り組む/絵画制作=色鉛筆画をはじめ水彩画・油彩画・ペン画の作品を制作。個展、グループ展の開催とともに、月刊誌へ 表紙絵や挿画を提供。また、単行本などの装丁などにも取り組む。絵画の制作テーマとして、これまでに「南伊豆」「工業用巨大プラント」「電気のある風景」「巡礼」「尾瀬」などの作品群がある。そのほか、色鉛筆画材の研究にも取り組んでいる/著書など=「坂東巡礼ー三十三観音と心の法話(坂東札所霊場会監修)」がある。関西ペイントが販売する「しっくい丸シート・西国三十三所草創1300年記念版 33種」ならびに西国三十三所巡礼地図/3年カレンダーでイラストが採用されている。